御祈祷について


個人祈祷


○人生儀礼
(神様のご加護に感謝し、人生の節目に御神前にお参り御祈願をします)



安産祈願
 新しい生命が宿ることは神様の思召(おぼしめし)であり、まことに有り難く目出度いことです。胎児の健全な発育を願い母親が妊娠五ヶ月目の戌(いぬ)の日に懐妊を奉告し、安産の祈願をいたします。


初宮詣
 一般には男児は生後31日目女児は33日目に、祝い着を着せて参拝します。子供の誕生を心より感謝し、益々健康に成長するように両親と共にお祈りをします。


七五三
 七五三祝は男女三歳(髪置・かみおき)男子五歳(袴着・はかまぎ)女子七歳(帯解・おびとき)等の祝儀が行われました。神社ではこれまでの成長に感謝し、今後も健やかに成育するようお祈りします。


結婚式
 御神縁によって結ばれた二人が、苦楽をともにして明るく楽しい家庭を築き、子孫の繁栄を誓い合います。


結婚奉告
 夫婦が揃って円満に過ごしてこられたことを感謝し、さらに有意義な人生を送る決意を新たにします。十年目の錫婚式・十五年目の銅婚式・二十五年目の銀婚式・三十五年目の珊瑚婚式・五十年目の金婚式等。


厄祓
 昔から、忌み慎むべき厄難のある大切な年が、厄年と言われています。厄年は、一定の年齢に達し、社会的にも重要な役割を担うようになる頃、それと相俟って心身の疲労・病気・災厄がおこりやすく、人生の転換期として、自覚と慎みが必要な時期なのです。災厄に遭わない様に心掛け、新年を迎え早めに祈願いたしましょう。叶神社では2月3日節分祭に厄除け祈願祭を行っています。
男性 24歳(前厄) 25歳(本厄) 26歳(後厄)
   41歳(前厄) 42歳(本厄) 43歳(後厄)
女性 18歳(前厄) 19歳(本厄) 20歳(後厄)
   32歳(前厄) 33歳(本厄) 34歳(後厄) 37歳(八方塞がり) 


年祝い
 長寿を祝う儀式を年祝いといいます。両親や祖父母が長寿なのは大変おめでたいことです。一般的には数え年61歳の還暦(かんれき)祝いをはじめ、一定の年齢になると、一家そろって長寿のお祝いをします。日頃お守りいただいている神さまに感謝し、さらなる健康長寿を祈り、神社にお参りをしてお祓いをうけるのもいいでしょう。

○個人祈願(其々の心の内なる願い事を神様にお願いします)

家内安全  交通安全  除災招福  心願成就  合格祈願  方災除  病気平癒
心身健全  旅行安全  神棚清祓  神恩感謝  健康祈願  良縁祈願  他

団体祈祷

○団体、会社
正式参拝  社運隆昌  商売繁盛  業績向上  社内安全  工事安全等

御祈祷は予約制になっております。お電話にて予約して下さい。
初穂料は個人祈願では5000円より団体祈祷は壱万円よりお気持ちで御奉納いただいております。
結婚式、出張祭典(地鎮祭、家祓等)は社務所にお問い合わせください。


ページトップへ

出張祭典(地鎮祭・家祓等)


出張祭典とは神社に行くのではなく、現地でお祭りを行うことです。
出張祭典には地鎮祭、上棟祭、新宅祭、家祓い、解体清祓、井戸清祓など、様々なものがあります。

 土地に関係するものが多く、土地や建物には昔から守り神がおられ、土地、建物を工事するときには、神さまに報告し、守っていただくというのが、日本の伝統的な風習となっています。

【地鎮祭(地祭)】


建物を建てるとき、基礎工事の前に、その土地をお守りいただいている神さまをお迎えして、工事の安全と守護をお祈りする祭儀です。その土地に注連縄(しめなわ)を張り、神さまを迎えるための神籬(ひもろぎ:神さまの降りられるところ)を立て、お神酒や供え物を上げてお祭りします。

【上棟祭(建前)】


家屋など の新築で、柱を立て終えて、棟木(むなぎ)を上げるときに行う祭儀です。家の神さま、工匠(建築業)の神さま、その地域の神さまである産土大神(うぶすなのおおかみ)を祭って、工事の安全と建物に災いがなく末長く幸せがあるよう、千歳棟、万歳棟、永々棟と祈ります。

【新宅祭(新宅、清祓、竣工祭)】


建物が無事完成したことを神さまに感謝し、新築された家屋がいつまでも安全で、そこに住む人々が繁栄するようにお祈りします。
一般的には入居のまえに行いますが、都合によって引っ越ししてからお祭りしてもかまいません。あらかじめ完成した住宅を購入したときにもお祓いを受けておくとよいでしょう。

【解体清祓/井戸清祓/伐採清祓】


解体清祓は家の改築や解体のときに行う祭儀です。今まで住んだ家や神さまに感謝し、解体工事が無事に終われるように安全をお祈りします。
井戸清祓は井戸を取り壊したり、埋め立てたりする時に行います。
伐採清祓は屋敷林や木を伐採しなければならないときに行う祭儀です。

初穂料は準備するもの、内容により異なります。
詳細は社務所にてお問い合わせください。


ページトップへ

神葬祭

神道の形式によって行われる葬儀を神葬祭といいます。

人の命は神や祖先から頂くものであり亡くなられたときには、御霊は神や祖霊の許へと導かれると共に霊璽(れいじ)に遷霊され、一家の守護神となり繁栄と幸福をもたらしていただけます。

この大切な儀式が人生儀礼(安産祈願にはじまり、七五三、結婚式、厄年ばらいなど)最後を飾る葬儀、すなわち神葬祭となるわけです。


神葬祭の流れ
 神道の葬儀である「神葬祭」は 帰幽報告(きゆうほうこく)の儀にはじまり、枕直し(まくらなおし)、納館(のうかん)、通夜祭・遷霊祭(つうやさい・せんれいさい)、葬場祭(そうじょうさい)、発柩祭(はっきゅうさい)、火葬祭(かそうさい)、埋葬祭(まいそうさい)、帰家祭(きかさい)をもって終了します。

帰幽報告(きゆうほうこく)

神社、あるいは神棚に向かって「○○が帰幽いたしました」と、家族の死を報告する儀式です。帰幽報告の儀の後、神棚、霊舎の扉を閉め白い半紙を下げます。

枕直し(まくらなおし)

首位を向かって右方向に安置、守り刀の刃を遺体と逆方向に向け枕もとに置きます。
枕飾りの祭壇には形式にこだわらず故人の生前の嗜好品をお供えします。

通夜祭、遷霊祭

通夜にあたる「通夜祭」は、夜を徹して故人の蘇生を願って行った古代の殯(もがり)の遺風とも言われる鎮魂の儀礼です。この通夜では室内を消灯して故人の御霊を霊璽(れいじ)に遷し留める「遷霊の儀」も行われます。
遷霊祭では亡くなられた方の御霊を霊璽(れいじ)といわれる白木の「みしるし」に遷します。霊璽には霊号、おくり名が記されしばらくの間は仮御霊舎に安置されます。また通夜祭にて悲しみや慕いの気持ちをこめた「祭詞」を申し上げ、遺族の方は「玉串」を捧げてお参りします。

葬場祭、発柩祭

故人に対し最後の訣別を告げる最大の重儀である(告別式)。弔事の奉呈、弔電の奉読などが行われる。神職が奏上する祭詞には故人の経歴や功績人柄が読み込まれ、会葬者と共に故人の遺徳を讃え、在りし日の姿を偲ぶ、人の世の終焉に際しての最も厳粛な儀式です。

発柩祭は葬場祭終了後、火葬場に葬送することを柩前に奉告する祭儀。出柩の際霊璽は火葬場に持参しない。

火葬祭

火葬場にて火葬に付する際に行われる祭儀。

埋葬祭(納骨祭)

墓所を祓い清め遺骨を埋葬した後に行われる祭儀。五十日祭終了後、執り行う。

七、帰家祭(きかさい)

火葬場または墓所から戻り、塩・手水で祓い清めて霊前に葬儀が滞り無く終了したことを奉告する。


ここでは、叶神社の葬儀に関して記載しましたが、地域の習慣により違いがあることをご理解下さい。 


ページトップへ

お守り・絵馬

お守り

透明:水晶 赤:めのう 緑:ひすい
叶神社では、様々なお守りを授与しておりますが、当社で授与している勾玉お守りに東叶神社のお守り袋にいれる、縁結びのお守りがあります。
縁結びお守りは、恋愛に限らず、人生豊かに過ごすための人との出会いの縁を結んでいただけます。
東西叶神社にお参りいただき、お受けください。

上 お守り袋  東叶神社
下 勾玉お守り 当社
勾玉をお守り袋に入れ、東西叶神社で一つのお守りになります。

当社ではお守りの郵送は行いません。ご了承ください。


絵 馬

叶絵馬  初穂料 500円
毎月1日の月次祭にて、願い叶いますよう祈願しております。社務所でお受けいただき、社殿絵馬掛けにおかけください。

初穂料(はつほりょう)とは

 神社には、その年に初めて収穫された稲穂が、豊作の感謝の心で奉納されます。初めての稲穂、つまり「初穂」です。時期や、時代の移り変わりにより、それが金銭に置き換えられてきました。これが【初穂料】です。
ご神前にお供えしますので、受付時にお渡しください。
のし袋への書き方は、「御初穂」、「御初穂料」、又は「玉串料」でも結構です。下にお名前をお書きください。

御祈祷は予約制になっております。お電話にて予約して下さい。
初穂料は個人祈願では5000円より団体祈祷は壱万円よりお気持ちで御奉納いただいております。
結婚式、出張祭典(地鎮祭、家祓等)は社務所にお問い合わせください。


連絡先

  横須賀市西浦賀1-1-13
  TEL 046-841-0179
  FAX 046-841-0161
  Mail kanou@jinja.jp